出会いは「確率論」。行動した者が勝つ

出会い

ここまで出会いについていろいろ見てきましたが、絶対に忘れてはいけないことがあります。

それは「行動しなければ出会えない」ということです。

 

人間はノウハウを理解すると、実践する前に満足してしまう生き物。

「いつでもできるからいいや」と思って行動に移さず、結局やらないまま……。

身に覚えがある人もいるでしょう。

 

当然ですが、ノウハウを学ぶだけでは女性は近づいてきてくれません。

どんどん出会うために行動し、ノウハウを実践していく必要があります。

 

とくに出会いは「確率論」。

たくさん出会えれば、それだけステキな女性に出会える可能性が高まります。

ここでは「出会い」について、もう少し深く見ていきます。

 

複数の女性の知り合いを作ること

そもそも、出会いがないと言っている人には、2つのパターンがあります。

1つめは、本当に女性と知り合う機会のない人、もう1つは、女性の選り好みが激しく、自分の好みの女性に出会えていない人です。

 

さて、貴方はどちらでしょうか?

 

前者の「女性と知り合う機会がない」人であれば、女性との出会いを増やすしかありません。

出会いの場に出向き、知り合いを作りましょう。

 

当然ながら女性の知り合いが少ないと、自分のターゲットとなる女性の数も減りますし、そこから「両想い」になるまでにはさらに女性の人数は絞られていきます。

 

女性にも好みがあるので、貴方好みの女性にとって貴方が好みのタイプになれるとは限りません。

ダメな時はダメとしてあきらめ、次に行く必要があります。

 

彼女を作るには、この「次に行く」という行為を何回か繰り返していく必要があります。

(いきなり好みの女性と付き合えるような生やさしい世界では、残念ながらありません)。

 

「出会いは確率論」と言われるのは、女性の知り合いが多いか少ないかで付き合える可能性が決まってくるから。

女性の知り合いは、少しでも多く確保しておく必要があるのです。

 

後者の「女性の選り好みが激しく、自分の好みの女性に出会えていない」人であれば、好みの偏りを修正する方向で動くとよいでしょう。

好みの範囲を広げるのです。

選り好みをすればするだけ、出会いの確率は低くなっています。

 

好みが狭い人は、たいていの場合、自分の対象外となった人に興味を抱きません。

「好みじゃないからいいや」と思って放り出し、その女性のよいところを見逃しているのです。

 

探せば、たくさん見つけ出すことができるのにしない。

だから、その人のよいところに気づけず、「出会いがない」と嘆き続ける羽目になるのです。

好みは修正しようと思えば修正できます。

 

たとえば高校生の頃、30歳の女性に魅力を感じたでしょうか?

たぶん、まったくと言っていいほど感じなかったでしょう。

 

では、今はどうでしょう?

30歳の女性に魅力なんてあるわけないと思うでしょうか?

年を重ねたことで、昔ほどそうは思わないのではないでしょうか?

 

30代になると、当然30代同士でのお付き合いもありえます。

このように、好みはどんどん変わっていくものです。

 

どうして好みが変わっていくのかというと、その時々で「よいと思うところ」が増えていくからです。

1人の人間として相手を見ることで、よいところが見えてくるようになります。

 

自分の好みに囚われすぎず、「よいところ探し」をすることで、好みの範囲も広げることができます。

必然的に「出会い」も増えていくでしょう。

 

エッチな写真を見る時も

男性であれば、エッチな写真を見たりすることも多いでしょう。

 

この時、自分の好みのものだけを見るのではなく、対象外だと思っていたものにも手を伸ばしてみてください。

巨乳好きであれば貧乳、女子高生好きであればオトナの女性も見てみるのです。

 

人は環境に適応しようとする生き物なので、自分で範囲を広げようとすると「意外といいかも」などと、自然と好みの範囲も広がっていきます。

 

自分の好みの範囲はいくらでも広げることができます。

範囲が広がると、街を歩く時に、好みの女性を目にする可能性が高くなるので、日常生活も楽しくなります。

 

自分から可能性を低くするのはやめましょう。

 

処女信仰と恐怖心は捨てよう

捨てる

処女信仰は何のため?

女性とお付き合いをする前に、しておかなければならないことがいくつかあります。

すでにお話ししてきているようなモテの知識やオシャレ術を身につけることなどがそうですが、 一方で、捨てなければならないこともあります。

 

女性と付き合ったことのない男性には、共通した特徴があります。

それは、「男性と付き合ったことのない女性がいい」と思っていること。

いわゆる「処女信仰」のようなものです。

 

男性は女性に「貞淑」であることを望みます。

自分を支えてくれる女性、自分を受け入れてくれる女性、その女性に自分のほうだけ向いていてもらいたい――。

 

そういう気持ちが多かれ少なかれあります。

この感情は女性に対しての「期待」から生じています。

 

一度でも女性ときちんと付き合ったことがあれば、「付き合ったりするのって、別にそんなにすごいことじゃない」とか、「お互いさま」という気持ちになるのですが、経験がないと、女性に過去誰か付き合った人がいたと知ると、無意識のうちにどす黒い感情が生まれます。

 

そしてその感情に曇った日で、相手の女性を見るようになってしまい、よいところを見つけにくくなってしまうのです。

 

彼女も貴方と付き合うのは初めて

ハート

一方の女性はというと、その多くが常に「誰か1人の男性を思いっきり好きになって、そしてずっと一緒にいたい。中学生のような熱い恋がしたい」と思っています。

この気持ちは、付き合ったことがあろうとなかろうと変わりません。

 

彼氏のいない女性は「今から、真剣な恋を探す」ためのスタートラインに立っており、心はバージンです。

新しい彼との本気の恋を求めている状態にあります。

 

女性の気持ちはわかった。

でも、「前に付き合っていた男性と比べられそうでイヤ」と思う人もいるかもしれません。

それについても心配いりません。

 

男性と違って、女性は昔の恋に執着しません。

男性は「今まで付き合った女性全員を幸せにしたい」などと、「みんなにモテたい」願望を持っていますが、女性は「今、好きな人と幸せになりたい。昔の男はどうでもいい」と考えます。

それこそ、冷徹に思えてしまうくらいあっさりとしているので、元彼のことなど気にしな

くてもよいのです。

 

処女であるかどうかなんて、恋愛には関係ありません。

だったら処女信仰など、持っていても仕方ありませんよね。

さっさと捨ててしまいましょう。

 

貴方が初めて付き合うのと同じように、彼女も貴方と付き合うのは初めてです。

2人で初めてのことを積み重ねていきましょう。

 

女性への恐怖心も捨ててしまおう

捨てる

もう1つ、捨てるべきものがあります。

それは、恐怖心です。

同い年や年上の女性を怖がらないでください。

 

とくに25歳を超えてなお彼女がいない男性は、同い年や年上の女性を怖がる傾向があります。

なぜかというと、自分の経験のなさが露呈するのがイヤだから。

 

気持ちはわかります。

でも、貴方はそんなことを気にしなくても大丈夫です。

恋愛となると、彼女たちも心は乙女です。

本当です。

どんな女性も、たとえ職場や学校では、常にたくましく、強くしっかりしていたとしても、

心は意外に純粋で「中学生のようなトキメク恋がしたい」と、本当に思っています。

ウソだと思うのなら聞いてみてください。

 

「僕はバカっぽいかもしれないけど、中学生のような一直線な恋がしたいと思っているんだ」と女性に伝えると、彼女も「私もそう思う。でも、どこか心がスレちゃってたりするんだよね。でも、でも本当は、心の底ではそういう恋がしたいと思っている」などと、真面目に返してくれることでしょう。

 

人の心は18歳を過ぎたあたりから成長のスピードが遅くなります。

その後、つまり思春期が終わった後は、どこかに純粋な心を持ったまま、様々な経験を経るうちにどこかひねくれていく。

こんな状態がずっと続きます。

 

そして、たまにひねくれた部分がまっすぐになり、そこでちょっと成長し、またまっすぐな部分がひねくれ、性格が悪くなる――。

 

つまり、18歳の時の純粋な心は、人それぞれ形は違えど、みんな持っているのです。

 

純粋な恋愛がしたい想いは一緒

結婚相談所では、男性も女性も自身のプロフィールと共に、「こんな異性に出会いたい」などの希望も登録するようになっています。

ここには、相手に求める年齢も書くのですが、結婚経験の有無で、傾向が分かれるようです。

 

たとえば、今まで一度も結婚したことのない33歳の男性は「18歳から35歳」と、若い年代から自分の年プラス2歳くらいまで、やや幅広い年齢層を希望します。

反対に、 一度結婚・離婚した33歳の男性は「30歳から35歳」と、自分に近い年齢に絞って設定します。

 

なぜ、このような違いが出てくるのかというと、一度結婚した男性は、同い年くらいの女性が怖くなくなっているからです。

また、若い女性とは話が合わない、と悟っているからです。

同じくらいの年の女性の魅力をわかったからともいえるでしょう。

 

一度結婚を経験した人がそう思うのです。

恐怖心は捨てること。

怖そうだからとの理由だけで、相手の年齢を気にするのはやめましょう。

 

30代女性も40代女性も、もちろん10代女性、20代女性も、そして50代の女性も、「純粋な恋愛がしたい」と思っている乙女です。

 

この本を読んでいる貴方も「女性と純粋な恋愛がしたい」と思っていることでしょう。

 

そう、同じ気持ちを持っているのです。

そんな女性を怖がる理由など、まったくありませんよね。

 

もちろん、年下の若い女性を狙うことは問題ありません。

ただし、それだけではターゲットが狭くなるので、同年代も、そして年上も自分の彼女対象としてしまいましょう。

 

女性は怖くない生き物。

この考えを持っておくと女性に声をかけるのも女性を誘うのも、今よりもっと気楽になります。

しっかり頭に入れておきましょう。